携帯とのコラボ光回線は安くなる?年3万円の節約とおススメ光回線2社

スポンサードリンク

携帯とのコラボ光回線は安くなる?年3万円の節約とおススメ光回線2社

2016年秋、用があって訪れたドコモショップで声をかけられ、

「請求書おまとめプラン」に魅力を感じ、家のインターネット回線をADSLからドコモ光に変更しました。

昨今、インターネット光回線は10社以上が契約者を増やそうと激しい競争を繰り広げています。

ドコモ光に替えて結局お得だったのかどうか?実際の料金で比較した結果をご紹介します。また、docomo「縛り」がなければ、本当はもっとお得なインターネット光回線があるようなので、今回の経験をもとに調べた結果も報告します。

1. バラバラに届く請求書への不満

我が家は当時、通信費として

  1. Yモバイル(家族4人でPHSそれぞれ1台、計4台分)
  2. docomo携帯1台(iphone)
  3. NTT東日本の家の固定電話1台
  4. プロバイダのBIGLOBEへの支払い(夫がクレジットカードで払っていた)

4カ所に支払いをしていました。

少なくともdocomoとNTT東日本はまとめたい、と思っていたところにちょうど声をかけられたため、ついでに光回線に変更することにしました。

実はADSLで満足していたので(あまり動画を見ない)、光回線で処理速度が早くなるということは自分にとって2の次でした。また、ADSLは近々なくなる、というウワサもあるのですが、あまり急いで替える必要はない、という逆のウワサもまだあり、要は地デジ騒ぎほどに慌てる必要はなさそうです。

我が家の通信費はそれぞれdocomoのスマホで月々7,000円ぐらい、Yモバイル8,000円〜9,000円、NTT固定電話5,700円ぐらい、そしてBIGLOBE2,635円、合計で月に24,000円ぐらいでした(4人家族)。

ところで、いまや「SIMフリー」に替えた方が電話代安くするには早かったんじゃない?という意見は絶対ある、と思います。はい。そうです。単に面倒くさいだけでやっていません。(なので、SIMフリーの話は別途体験したときに書こうと思います。今はdocomoの縛りがある前提で書きます)

すでに携帯料金できちんと節約している人にはあまり参考にならない、かもしれませんが、携帯電話とのコラボで光回線にすることを検討している人には参考になると思います。特にauの人は携帯と光回線をセットにするとキャッシュバックが大きいようです。

2. ドコモ光に替えてみた結果

結論からいうと、「プロバイダー代、月2,635円」がなくなった分、安くなったと言えます。年間3万円ぐらいの節約になりました。あと、キャンペーンで1万円の商品券、docomoポイント10,000円分(携帯料金支払いに使いました)をゲットしました。工事費は18,000円らしいですがキャンペーンなので無料でした。

下表はdocomo光のプランと従来自分が払っていた金額の比較です。左が現在、右が過去の料金です。携帯電話にかかるお金は変わらないので記載していません。

固定費比較
光回線使用料 5,200円 ADSL使用料(1.5M) 2,600円
docomo光期間限定割り引き -500円 屋内配線使用料 180円
光電話 500円 固定電話 1,700円
1ギガ対応無線LANルーターレンタル 300円 ナンバーディスプレイ 400円
    ADSLスプリッタ 50円
    モデム使用料 440円
プロバイダ料金 0円 プロバイダ料金 2,635円
固定電話・インターネット・プロバイダ合計 5,500円

合計

8,005円

工事費18,000円はキャンペーンで負担なしでしたが、「契約事務手数料」3,000円、「docomo光電話工事料」3,000円、NTT東日本から工事料2,000円 合計8,000円が変更にともなってかかりました。

工事のために仕事を休むなど時間がかかっているので1万円の商品券や10,000dポイントの特典がなかったら申し込んでいない、という気がします。(さらに、プロバイダとdocomoとの連絡ミスで一時ネットは不通になり、大変な不便が生じました)

3. その他の光インターネット回線

では、docomoでなかったらどうなっていただろう…と興味がわき、回線の料金比較サイトや各社のキャンペーンを読みました。

そして以下の2つのリンク先ー携帯コラボだと「auひかり」、携帯コラボにしない場合は「NURO光」ーがおススメとわかりました。

auひかりを扱っている代理店はたくさんありますが、キャッシュバックがやたら面倒くさかったり、時間がかかったり、オプションをやたらつけたり、ということもあるので、以下のサイト以外の代理店の場合はしっかりキャンペーン内容を確認くださいね。↓
【他社よりお得なauひかりサイトはここ!】
ただし、戸建住宅の関西地区(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)のお申込はできません。

NURO光は、ネット回線とプロバイダ使用料が光回線の中で最も安いです。

ネットのみでも必ず3万円進呈!更に有料オプション不要!NURO光キャンペーン

このNURO、おすすめの理由は他にもあります。
  • 最大2Gbpsの回線速度(私のdocomoの2倍!)
  • 工事費用無料
  • 無線ルーター無料(スマフォwifi接続可能)
  • 30,000円キャッシュバック
 戸建の場合は、工事費用も無料です。キャンペーンも手厚いので「NURO光」が断トツのコストパフォーマンスだそうです。通常オプション料金の無線ルーターも無料です(私はNTTで300円払ってる!)。
「NURO光」がおススメなのは間違いないと思います。

4. まとめ

とりあえず、今回の光回線への変更によって「請求書」はまとめることができました。今はNTTファイナンスのWeb billingというところで通信料は一括管理をしています(Yモバイル以外)。NTTに首根っこを掴まれている気もしますが、今後、請求書を研究して携帯料金などは安くなるよう検討していくつもりです。

とはいえ、光回線については調べれば調べるほど回線業者の熾烈な競争があって、その中で使い勝手のいいものを見つけるのは大変。上にご紹介した2つの回線はいくつかのサイトを見て現時点ではだいたい妥当かな、と思ったものです。

私の場合は、自分が趣味で「登山をする」という条件から電波カバー域が広いというdocomo携帯縛りを(自ら)していて、今回、docomo光コラボを契約してしまったわけですが…

実はauのカバー域もだいぶ広くなっているようで、docomo神話はどこまで?という気がしてきました。

ただ、今度母の携帯(docomo)を家族割を使ってらくらくスマホにする計画があるので家族全体としては安いプランが使える可能性があります。なので当分はdocomo光で行こうと思います。まあ、プロバイダ料金分だけは安くなったので…

なお、docomoとauの電波カバーエリアについてはこちらのブログを勉強しました↓

【2017年版】山ではdocomoが最強って本当?docomoとauのエリアマップを比較してみた

光回線を検討していて、docomoにこだわる必要がなく携帯とのコラボをお考えのかたはau光、そして携帯とのコラボでなく光回線単独でお考えの方はNURO光をおススメします。以下にバナーを貼っておきますので参考にしてください↓


スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK