私の強み ストレングスファインダーとVIAを確認し、TOEICコーチ業に活かす!

性格診断テストを見直してみた

経済評論家・勝間和代さんの勝間塾には2011年から在籍。

サポートメール生、塾生になると毎日サポートメールという

様々なトピックを論じるメールが届きます。

今週のサポートメールの

トピック「強みを活用した生き方」

に触発されて

久しぶりに自分の「強み」を振り返ってみました。

ストレングスファインダーによる34の資質のうち、私の上位5つの資質は

  1. 達成欲
  2. 調和性
  3. 収集心
  4. 学習欲
  5. 責任感

そして、VIAによる私の上位5つの強みは

  1. Perseverance(大局観)
  2. Honesty(誠実さ)
  3. Love of Learning(向学心)
  4. Gratitude(感謝)
  5. Curiosity (好奇心)

まあ、同じ人間だからどの性格診断テストにおいても

ほぼ同じ結果が出るのは当たり前なのですが、

これらの資質を心に留めて自分の仕事や生き方の方向性を

見極めていくのがこれからさらに重要になってくると思います。

若いうちは体力や柔軟性でなんとかなったかもしれないけど、

これからの人生、一瞬の無駄もできない。

だったら自分の弱みの強化より、強みを活かすほうが絶対にいい!

とあらためて思いました。

こんなふうに様々な気付きを折に触れ与えてくれるのが勝間さんのサポートメールです。

ストレングスファインダーとVIAとは?

クリフトンストレングスファインダーは、

記述が2つずつ提示される177問の質問が示され、最も自分をよく表わしていると思うものを選択します。このテストはあなたの才能(本来の考え方、感じ方、行動のパターン)を測定し、それらを34のクリフトンストレングスの資質に分類します。

クリフトン・ストレングステストの活用方法を学ぶ より

一方、VIAは、
VIAサーベイは…個人の性格の強さを測定する、心理測定的に検証された性格検査です自分の最大の強みを見つけたら、それを使って人生の課題に立ち向かい、目標に向かって取り組み、個人的にも職業的にもより充実した気分になれます。次に、研究者や専門家は、数年分の調査結果データにアクセスして、強みの科学と実践を進歩させることができます。

 

どちらも、アンケート調査のような質問に答え、

 

選択肢によって答えを選び、その回答の傾向から性格や

 

考え方の特徴を捉えるものです。

だいたい、それぞれ1時間程度の時間がかかります(質問数が多いです)。

自分の強みを炙り出すことで生きることが楽になるので、

一度試してみることは決して損にはならないと思います。

さて、弱みは?

強みもあれば弱みもあるのが人間。

私の場合、ストレングスファインダーの下位5つの資質は、

指令性、社交性、着想、運命思考、戦略性

で、まあ、

指令性、うん、「反対を押し切ってもやり通す」という

タイプのリーダーではない。むしろ自由にやってもらうタイプ。

社交性は確かにあまり…初めての人やパーティは苦手。

着想、うん、それほど変わったアイデアは出てこない。

運命思考、いやー、それより前に進むだけ。

戦略性。ここが問題!戦略性のある人、私のパートナーになって

ください(笑)!!

というわけで、自分に足りないところは、他の人に協力を得ればいい。

というわけで、一人では人間、生きていけないということですね。

私の英語修行とコーチング

このように、達成力の強い私なのでTOEICの満点がとれたのでしょう。

でも、それだけがすべてではありません。

強みも弱みもあることを前提に、これまでの自分の経験を生かし、

また、戦略性がなくても点数が取れる、ということを証明?しているのですから。

私は今、TOEICコーチをしています。

あなたの目標の達成に向けて私の様々な強みを生かして

また、あなたの強みを生かして効率の良い努力をし、希望の点数がとれるように

サポートしていきますよ。ちょっと人見知りな私ですが、

私のTOEICコーチのページをみてくださいね!↓↓↓

昇進・転職TOEICコーチ清美

広告

この記事を書いた人

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)