キレイになりたい!50代の歯列矯正治療(現在進行形⑦)途中経過ですが、どんどん良くなっている!

スポンサードリンク

キレイになりたい!50代の歯列矯正治療(現在進行形⑦)途中経過ですが、どんどん良くなっている!

キレイになりたい!

そのためには長年のコンプレックスであった歯並びをなんとかしたい、歯の汚さをなんとかしたい、ともがいて長年通い続けた(26年同じ医者にかかっていた)歯医者から新しい歯医者さんへ。

それが2016年の年頭。

すぐには矯正治療をしてくれず、ひたすら「一般歯科」で虫歯、歯周病、歯の清掃などの処置で1年。

やっとブラケットをつける段階にこぎつけて…1か月半経ちました。途中経過ですが嬉しい報告をしたいと思い、書いています!

1. 2か月半の変化

もう、これは奇跡、としか言いようがありません。

50 年間悩んでいた下の歯の歯並びが、たった2か月半でこれほどに変化しています!!

ブラケットをつけたのが1月7日。そして、2か月半。3月半ばの歯の様子です。

歯の裏に茶渋がついているのは、磨きにくいからです。これから歯医者さんの磨きなどもいれてキレイにしていきます。

2. 矯正前のでこぼこの歯

これが矯正前。下の歯の1本が後ろに傾いて半分見えません!

上の歯も前の歯医者さんで仮歯を入れたまま処置をしてくれなかったので茶渋がついて、また素材が古くなってひどい色です。

前歯の歯と歯の間に何やらカスのようなものが見えます。歯ブラシで取れきれない食べカスですね。

初診のときに新しい歯医者さんに「食物残渣が多いね」と言われました…

3. 最近の歯:まだまだですが、改善が見えます

こちらが一番最初と同じ日の写真。隠れていた歯が見えていますね!!

しかも歯茎の色が上の写真はうすーいピンクで「てれん」(しまりがない、ゆるい感じ)、としているのが、下の写真ではピンク色が強くなり、いわゆる血色がいい歯ぐきになってきています。

歯茎の状態がよくなったのは、歯ブラシに加えてデンタルフロスで歯間をとにかく清潔にしたおかげです。

私はもうすぐ59歳。歯並びは一生苦労する(死ぬまでなおらない)と思っていました。

でも、勇気をだして歯科医を替えて自分でもしっかりケアをし始めたら…改善のきざしが見えてきているのです!

  • 歯並びがコンプレックスになっているあなた
  • もう高齢だからとあきらめている、でもあきらめきれないあなた
  • 歯並びのせいで歯茎の状態もよくない、と感じるあなた

1度勇気を出して矯正歯科をたずねてみませんか?

下のリンクをクリックして通える歯医者さんを探してみてくださいね↓

矯正歯科をお探しなら
矯正歯科専門サイト『e-矯正歯科.com』で検索!

また、私自身は「受け口」ではないですが、こちらは「受け口」をかなりたくさん手がけた全国から患者さんが訪れる歯科です↓
【骨切り手術をせずに】受け口が改善された事例多数!
今すぐ無料カウンセリングへ!
前の記事(⑥)はこちら

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK