ヒポクラティックサナトリウム「石原式断食ダイエット」必需品 手作りにんじんリンゴレモンジュースの簡単材料の揃え方と作り方

スポンサードリンク

ヒポクラティックサナトリウム「石原式断食ダイエット」必需品 手作りにんじんリンゴレモンジュースの簡単材料の揃え方と作り方

乳がんをきっかけに「元都知事」の主治医も務めていらっしゃる石原結實先生が推奨される「にんじんりんご」ジュースのことを知り、

また、石原先生の経営される「ヒポクラティック・サナトリウム」にも実際に断食に行きました。家庭でも実践することを決め、続けているので実際の作り方をご紹介したいと思います。

1.  にんじんりんごレモンジュースの効果 私の場合

石原先生のサナトリウムに行って以来、体調もすっかりよくなり、2年前から家庭でもにんじんりんごレモンジュース作りを実践しています。

毎朝作って飲むようになって

  • 便秘解消
  • 家族が風邪知らず
  • ダイエット(家族全員誰もメタボではありません)

などの効果を実感しているこのごろです。

ただ、毎日のことなので、サナトリウムでも耳にしたのは

  • 毎朝作るのは面倒
  • 材料そろえるのが大変
  • 量の加減がわからない

との声でした。そこで、私の方法を(実は特別なことではない)ご紹介します。

2.  毎日のことなので安全な野菜が欲しいなあ…から始まった

にんじんもリンゴも毎日使います。

日本のスーパーで扱っている農作物は一般的には安全とはいえ、

毎日のことだと残留農薬のことも心配になります。

レモンもやはり国産のものが欲しいです。

スーパーで売っているレモンはほとんどが輸入品。防カビ剤を使っているのではないかとやや心配。

国産品は高い!

と、色々考えると材料を揃えるだけでハードルが高いです。

それに、とにかく買い物が「重い!」

ジュースを作り始めた頃はにんじんもリンゴもこまめにスーパーで揃えていましたが、

毎日のことなので材料を切らすこともあり、これでは続かない!とネットで検索し始めたのです。

安全・安心を謳う産直品を扱う店舗はいろいろあって興味もそそられましたが、

にんじんリンゴレモンジュースを扱っている店舗そのものがありました↓

【送料無料】にんじんとりんごとレモンのジュースセット (無農薬にんじん5kg+りんご5kg+レモン1kg)【無農薬人参】【リンゴ】【レモン】【ニンジンジュース】【コールドプレスジュース用】

石原先生が推奨するゲルソン療法に必要なものをすべて扱っているお店でした。

あまりに「自分のニーズにぴったり」だったので、少々疑いの気持ちもあり(病気の人の弱み?につけこんでいるのではないか???)とも思いましたが、ものは試し、と正直なところ、おそるおそる注文してみたのです。

また、にんじん3キロ、りんご3キロ頼んで冷蔵庫に入るのか?という不安もありました。

3. にんじんもリンゴもまとめ買い。レモンも買える!

注文してみて、届いたものを見て…

実は安心しました。思ったよりいいものが入っていた、という実感があったからです。

無農薬、といっても、こちらのピカイチ野菜くんは、面倒くさい「泥付き」とかを送ってくるわけではありません。

(毎朝泥付き野菜と格闘するのは大変なのです)

img_0170

にんじんは、泥を落として、洗ってあります。

でも、スーパーで売っているような「きれいな形」のにんじんばかりではありません。

価格を上げないよう、「規格外」をあえて扱っているそうです。

不揃いです。割れたものもあります。ジュースにするので問題ないですが。

そして、にんじんは、「呼吸を抑える特殊フィルムの袋」に包まれています。

だから長持ちします。

img_0172

リンゴは傷つかないようにこのようにきちんと包装されて届きます。

img_0169

↓我が家の野菜庫。いっぱいいっぱいになってしまいますが、にんじん3キロ、りんご3キロが入りきりました。

(黄色いリンゴは買い置きしていたもの)

img_0173

買ってみた結果、思いがけず良いものが手に入った、というのが実感でした。

これで買い物の重さから解放されます。

4. 作り方…というほどのものではありませんが

朝、起きたらボウルに材料を入れ、洗います。

(あ、こちらに見えるレモンは、実は「おまけ」でにんじんと一緒に梱包されていました…)

IMG_0370

こんな姿のにんじんもありますが…ジュースにするので気にしない、気にしない!

img_0021

リンゴもざくざく。これをさらに半分ぐらいの大きさに切ります。

img_0022

材料を揃え、固いものから順に(にんじん、りんご、レモン)ジューサーにかけます。

img_0023

材料はすこしずつ上のトレーからおとし入れていきます。

IMG_0366

実は、前は高速ジューサーを使っていました…

2016年末、低速ジューサーに替えたので本記事を更新しています。というのは、低速ジューサーを使ってみて、オドロキの味の違い(格段に美味しくなりました!!)を実感したからです。

低速ジューサーにもご関心のある方はこちらの記事も参考にしてくださいね➡️ ヒューロムの低速ジューサーが絶対「おすすめ」の5つの理由 高速ジューサーとの比較

↓向かって左側にでてくるしぼりかすは、クッキーにしたり、ニンジンスープとして活用する人もいるそうですが、毎日のことなので私は捨ててしまいます。

IMG_0369

小にんじん6本、りんご1個、レモン1個(全体で500グラムぐらい)からだいたい700ccのジュースができます。IMG_0367

20分ぐらいで出来上がります。ジューサーの片付けをいれて30分ぐらいです

しぼりかすはポンとそのまま袋にいれて処分、本体のスクリュー部分は念入りに洗います。

分解しますが、すべて水洗いで済むので朝から油物(卵焼きとかソーセージとか)を扱うよりよほど楽です。

5. ジューサーの選び方

ところで、ジューサーのことですが…

私が現在使っているのは上の写真にあるスロージューサー(低速ジューサー)です。

昨年までは以下の写真にある高速ジューサーを使っていました。

最初は、「面倒くさそうなので毎日続くかどうかわからない」ため、

「普通のジューサー」をAmazonで買いました。➡️ パナソニック ジューサー オレンジ MJ-M12-D

こちらは、9,324円です。「続ける自信がない」人はこれで試してもいいかもしれません。

2年使いました。さすがに2年間ほぼ毎日使ったためモーターが老朽化。買い替えた、というわけです。

img_0025

6. まとめ

私がにんじんを注文しはじめてからすぐの2016年秋には台風の影響があったりしてにんじんが品薄で入荷が遅れたこともありました。

でも、きちんとメールで配送予定日をお知らせいただけるので、不配達などの心配はまったくありませんでした。

とにかく、買い物の負担からの解消と、農薬の心配がない、この2点だけでも

自分にとってはもう、このにんじんは欠かせないものとなっています。

(あ、ジュースだけでなく、もちろん料理にもつかっています)

便秘を解消し、美容にもいい「にんじんリンゴレモンジュース」、もしお試しになることがありましたら

↓↓ピカイチ野菜くんはおススメです↓↓ (最近は5キロがお得で楽なので5キロずつ買っています)

【送料無料】にんじんとりんごとレモンのジュースセット (無農薬にんじん5kg+りんご5kg+レモン1kg)【無農薬人参】【リンゴ】【レモン】【ニンジンジュース】【コールドプレスジュース用】

石原結實先生のご著書。是非お読みください!!

↓↓↓↓こちらのバナーからでも大丈夫ですよ!

 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK