キレイになりたい!50代の歯列矯正治療ー矯正装置をはずし、リテーナーをつける!

ついにこの日が来ました!

1. 矯正装置をはずす!

矯正装置を外す日です。

朝からワクワクです。

この工程はどうやら歯科衛生士さんがやってくれるみたいです。

まずはペンチでワイヤーをとり、そして、

ワイヤーを固定していたプラスチックをひとつずつ取りはずします。

この時に引っ張るので少し痛いけれど、それほどひどくはなかったです。

ミシミシ、メリメリッという音とともに、矯正装置は外れて行きました。

(ちょっと怖い)

ああ、写真撮りたかった、、、

その後、歯についている接着剤を研磨の道具で磨きとっていきます。

「歯の表面は削りませんので安心してくださいねー」と、歯科衛生士さん。

は、はい。それを心配していました。

その後、少しスケーリングし、その後うがいしたら、すでに歯はツルツルです。

舌触り最高です。これまでは舌に触れるのは

矯正装置なのでで、なんとも気持ち悪かったですが。

舌が自分の歯に触れることがこんなに「素晴らしい」なんて!!

気持ちいい…

その後、型取り。これはリテーナーを作るためです。

粘土のようなものを枠に入れて、口の中でセメントのように固めて2分。

外します。

一瞬、痛い。歯、ぬけないよね???

その後は一旦歯医者さんから離れて午後、再来院です。

2. リテーナーの取り付け

いったん歯科医院を出た後、

お昼ご飯(矯正装置を外しての初のご飯!!)を食べ、

(何もひっかからないでご飯が食べられるってなんて幸せなんでしょう!!)

用事をすませ、午後3時半に再度歯科医院を訪れると、

はい、リテーナーはできあがっていました。

付け外しの練習を2−3回し、

本日はこれで終わりです。

リテーナーは予習したとおり、

24時間装着が基本です。

ご飯の時だけ外せます。ということは、

「つまみ食い」とか、「おやつをちょこちょこ」食べる、ということは

できないのですね???

あと、熱い飲み物はダメだそうです。リテーナーの素材は

熱に弱いのだとか。うう…熱いお茶とか、珈琲とか紅茶が好きなのですが…

3. まとめ

2016年から始めた矯正治療。

矯正装置をつけて10か月。

ついに、次のステップに進みました。

リテーナーもそれなりにやはり舌触りがよくない。

けど、ここまで頑張ったので、続けて頑張ります!!

リテーナーをつけた下の歯

Posted from SLPRO X for iPhone.

広告

この記事を書いた人

大野 清美

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)