石原結實先生の「ヒポクラティック・サナトリウム断食体験」 7日目最終日(2019年版)

ついに断食最終日となりました。

ヒポクラティック・サナトリウムを出て、帰りの電車

(踊り子号)で書いています。

今日の食事

8時: 朝はいつものジュース1杯。ついに写真を撮り忘れました。

10時:正食

ご飯です!玄米ご飯、あずき入り。

あげだし豆腐(あ、器の中で見えない!)

アジの開き、蓮根の煮物、納豆、しらすおろし、タマネギのお味噌汁、漬物

大変美味しくいただきました。

あとは出所後のお楽しみです。

今日の活動

家に帰るとなかなか勉強はできないため、

今朝は朝5時おきでブログを2本(6日目の記録を日本語、英語で)、

レアジョブの英会話を25分。(TOEFLのスピーキングレッスンです)

朝8時のジュースのあとは、お風呂に。最後の朝湯を楽しみました。

お肌つるつるです!

10時の食事の後は、荷造り、そして1週間ご一緒した皆様方とお別れのご挨拶。

まさに同じ釜の飯をいただきますし、また食事時間が一緒で、食堂で食事をしますので

親しくさせていただきます。

そういうお知り合いができるのも保養地のよさ、でしょうか。

まとめ、いざ東京へ

朝のうちに予約した「踊り子号」と「新幹線」の熱海乗り換えで

東京に戻ります。

今回は、怪我のため伊豆高原の山々を走ることができなかったのが

残念ですが、いままで行けなかったところ-蝋人形館、池田現代美術館などを

ゆっくり歩いて訪問することができました。

東京に戻っても、さいわい家族の理解もあって朝はにんじんりんごジュースを続けることが

できます。

ひとそれぞれですが、わたしには合っているように思います。

旅で美味しいものをたくさん食べるのも楽しいし、美味しいものを少しずつ味わうのも

いいものです。

ジュース断食をしますと、何より、「体力をなくさずに」体内を浄化できるように思います。

朝ジュースが面倒という方もいらっしゃるかもしれませんが、

サラダを作ったりやソーセージを焼く手間と変わらないと思います。

もし、体調が悪くて…とおっしゃる方がいらしたら「朝ごはんだけジュースにする」

という生活を試してみてはいかがでしょうか?

もちろん、お子様がいるご家庭はしっかり食べさせてあげてくださいね(あ、お節介でした!)

これで今年の7日間の記録を終わります。

長々お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

広告

この記事を書いた人

大野 清美

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)