主婦をやめて一人暮らし始めました(54) 一人暮らしの食事(朝食編)-人参リンゴジュースの作り方:量とジューサー

私のシンプルライフ(朝食編)

人生の様々な面において、シンプルがベスト、と思っています。

なので、私の場合は食事も基本的に超シンプルです。

家族と住む家を離れ、平日は一人暮らしで職住接近の生活をしていますが、

5年前の乳がんの手術後から実践している朝の人参リンゴジュースは、

自宅にいても、1人の時も継続しています。(あ、気がついたら5年が経ってる!)

なので、朝ごはんは基本的に石原結實先生の「人参リンゴレモンジュース」と

生姜ハチミツ紅茶のみです。

そんなので昼まで持つのか、と言われそうです。

実はお腹が空きます(笑)

で、職場では豆乳ミルクティーにシナモンをふり、

はちみつをたっぷり入れたものを飲みます。

実はシナモンは「インフルエンザ予防」に効果的という実験結果もあるぐらい、

とても薬効の高いフレーバーです。私は、実際、インフルエンザにかかったことが

ありません。(なので、丈夫だからかからないのか、シナモンのおかげかは、実証できませんが)

人参リンゴレモンジュースのレシピ

あまりに簡単すぎてご紹介するのも恥ずかしいのですが、

私の場合、朝に飲む量は、コップ1杯分のジュース。

  • 人参 小1本
  • リンゴ 1/2個
  • レモン 1/2個

これで、200ccぐらいの人参リンゴジュースが作れます。(写真のりんごは半分だけ使う)

家族(全部で3人)と住む家だと、その3倍になるわけですが、

その場合は、

  • 人参(小)3本
  • りんご1.5〜2個
  • レモン 1個

という割合で作ります。

これらの材料をさいの目切りにし、

固いものから順番に入れます。

人参、リンゴ、レモンの順ですね。

レモンは、レモン絞り器でしぼるとていねいですが、めんどうくさいので

いっしょにジューサーにいれてしまいます。

ジューサーについて

自宅では、性能のいい、ヒューロムのジューサーを使います。

でも、一人暮らし用の2台目としてはちょっと抵抗のある値段。

なので、比較的安い(アマゾンで9000円でした)、アイリスオーヤマの

低速ジューサーを使っています。

自宅で使う、新型のヒューロムジューサーは、手入れが簡単になりましたが、

アイリスオーヤマのものですと、ジューサーを絞る時に使う網目のフィルター

(メッシュフィルターというそうです)部分に野菜や果物の絞りかすがつまり、

ブラシできちんと洗浄しないといけません(カビのもとになります)。

ただ、一人分のジュースなので量も少なく、自分としてはたいした手間でもないため、

ブラシ洗いは面倒だけど、まあ、値段が安いぶんの手間、と考えています。

アイリスオーヤマの低速ジューサーは、人参リンゴジュースを試してみたい方にオススメ

家族が3人以上いる方なら、やはりヒューロムのジューサーをオススメします。

新型だと洗う手間も少なくなったし、量的にも家族分作るのにぴったりです。

でも、

  • ジュース生活が続くかどうかわからない
  • でも低速ジューサーで作ったジュースを試してみたい

というかたにはアイリスオーヤマさんのスロージューサーは

お手軽でオススメです。

朝食のまとめ

美味しい朝食、たっぷり朝食を楽しみたいかたにはがっかりな話かもしれませんが、

私の朝食はこれが以上です。

プチ断食、という感覚で朝は紅茶とジュースのみです。

なので、私の朝食スタイルは、ここまでシンプルですが、

倒れたこともないし、元気で過ごしています。

一人暮らし用のジューサー、そして家族用のジューサーと使い分けているので、

その紹介をしてみました。

要は、どこにいても朝は「人参リンゴジュース生活」をしています。

こちらは、ご家族向けのヒューロムジューサー(サナトリウムにあったものを撮影しました)

かなり大きいです。でも、便利。

こちらにご関心がある方はこちらで↓

 

広告

この記事を書いた人

大野 清美

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)