バルセロナの旅3日間の過ごし方(1) サグラダファミリア

スポンサードリンク

バルセロナの旅3日間の過ごし方(1) サグラダファミリア

2016年9月にスペイン旅行に行きました。

どんな準備をしたか?はこちらへ ➡️ スペイン旅行準備ーこれだけはやっておきたいたったひとつのこと

バルセロナに滞在できるのはたった3日。

どうしても外せないのは、もちろん、あそこですね!!

1. 到着から市内まで

何はともあれ、バルセロナに到着(9月21日朝9時30分)。

空港から市内への移動については

バス、タクシーなどの方法がありますが、最も安全で便利なのは空港バス利用です。

次のページがとても詳しいのでご参考までに。➡️ バルセロナ ウォーカー

実際に使ってみて、特に自分たちは昼間の移動、そして宿泊ホテルが

バスの終点・カタルーニャ広場だったためとても便利でした。

バス内はこんな感じ。スーツケース置き場があります。Wi-Fi完備。USB充電ができます。

simg_8739

simg_8741

バス終点のカタルーニャ広場に到着。抜けるような青空です。

simg_8743

ホテルは広場から5分ほどのカタルーニャ・スクエア。

スーツケースを持って歩くことを考えると素晴らしい立地でした。

simg_8742

ホテルにはチェックインタイムの前に着いたので、手続きだけして荷物を預け、早速市内観光に出かけました。

本日の目玉は2時に予約してあるサグラダファミリアですが、それまでに少し間があるので

まずはマーケットに!

2. サン・ジュセップ市場へ

バルセロナ最大の市場です。この写真の奥、アーケードの下にはにぎやかな市場 Mercat de Saint Josepがあります!

simg_8754

大阪の黒門市場、東京の築地市場のような雰囲気です。

simg_8761

果物好きとしてはたまらない魅力。フルーツカップ2€。

simg_8759

駄菓子。カラフルで美味しそう!!

simg_8758

金沢の近江市場を思い出します。

simg_8763

迫力!

simg_8766

色々なお肉があります。お肉売り場は、お店によっては撮影禁止。

simg_8767

新鮮卵!

simg_8771

オリーブ、オリーブ、オリーブ!!!

simg_8768

ライトのせいで赤くなっていますが、イベリコ豚のバリエーション。ハムや揚げ物オンパレード

simg_8784

スペインの街は一歩大通りから中にはいるとこのような小道が。

simg_8785

3. サグラダファミリアへ

地下鉄に乗って。さあ、あの、有名な「未完の世界遺産」サグラダファミリアに向かいますよ!

バルセロナの街の移動は地下鉄がとても便利です。

simg_8794

1回乗車券 Billet Senzill €2.15。

あとで、複数人で使える10回回数券がお得ということを知り、2人で1枚の回数券を購入しました。

(参考 バルセロナ・ウォーカー【徹底解説】バルセロナ地下鉄 Metro メトロ

simg_8798

こんな感じでスロットにチケットを通します。

simg_8799

入る時だけ切符は必要です。

路線図はこんなふうに色分けされていて、わかりやすいです。

simg_8800

simg_8801

乗り降りは、緑のボタンを押して自分でドアを開閉します。

simg_8802

駅に着いた!

simg_8803

駅を降りたらすぐ見えてきます。

ついに到着!

simg_8805

青空に塔を突き刺している!

クレーンが実際に動いているのが「未完成」を物語ります。

simg_8812

サグラダファミリア聖堂
1882年に着工。最初の建築家と施主との間で建材について対立し、
1883年、当時31歳だった建築家アントニ・ガウディが起用されました。
現代は、建築家ジョルディ・ファウリがこの建築に
20年前から携わっています。
最終的にはピラミッド型の18本の塔をもつ教会が完成するはずですが、
ガウディが生きている間に完成したのは「地下聖堂」と
「生誕のファサード」と呼ばれる4本の塔のみ。
現在は残り10本という段階で、一応2026年完成予定...

ガウディが完成させたのは、東側の「生誕のファサード」とその4本の鐘楼だけだそうです。

simg_8817

「生誕のファサード」の彫刻。

マリアの受胎告知に始まり、イエス・キリストが誕生し、成長していくまでの各エピソードが彫刻によって表現されています。
simg_8823

教会内部に入り、塔に登るためにエレベータに向かいます。

simg_8840

エレベータ内部に貼ってある構造図。エレベータでどこまで上り、

その後どの経路を使って階段で降りてくるかをスケルトンで現しています。

simg_8841

青空にクレーンと鐘楼の先端。

simg_8844

下の写真は生誕のファザードのてっぺん部分

永遠の命の象徴である糸杉、白い彫刻(大理石)は純潔のシンボルとして糸杉にとまる鳩たちだそうです。simg_8853

simg_8854

バルセロナの街を見下ろします。simg_8855

螺旋階段はこの幅。

simg_8856

上から覗くとぐるぐるしてしまいます。

simg_8858

螺旋階段の明かり取り窓から下を覗く。なんとも不思議な造形世界です。

simg_8859

残念ながらあちこちに落書きが。

simg_8861

聖堂内部です。

simg_8869

森をイメージし、木々を模した柱の高さは一番高い所で30メートル。

上部は枝分かれして天井を支える構造になっています。

simg_8871

いくつかのブログで書かれていたのは

「まるで(映画「風の谷のナウシカ」の)腐海の底にいるよう」という感想。

私もそのような感じを受けました。
simg_8867

ステンドグラスも素晴らしい。

simg_8871

サグラダファミリアについては、ただただ「建築が表現する情報量の多さ」に圧倒されました。

4. モンジュイックの丘へ

次に訪れたのは、モンジュイックの丘。

バルセロナの街を一望できる場所です。

simg_8874

サグラダファミリアからモンジュイックの丘へは、地下鉄から…

simg_8876

公園内部の様子。

simg_8877

ケーブルカーに乗っていきます。

simg_8878

バルセロナでは、1年に300日以上晴れるそうです。

simg_8880

こんなケーブルカー

simg_8897

丘の上から地中海を望みます。

simg_8889

大型の豪華客船が方向転換中。これから外海に出るのです。

simg_8892

無事旋回完了。どこまでも青い海が広がり、素晴らしい開放感を味わいました。

simg_8893

ケーブルカーのガラス越しに見ているので写真は少し汚れが見えます。

simg_8903

一番高いところは173.2メートルありますね。

simg_8904

モンジュイックの丘からホテルに戻るころには、もう夕方。

時差があるので、実はもう20時間ぐらい動き回っていることになります。

夕食もとらず、ベッドに直行しました!

simg_8905

 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK