風になる タイトルを決めた理由

自分がバイクに乗るなんて、思わなかった。

あるとき、同窓会誌を読んだ。「風になりたくてバイクに乗ってみた」と、書いている同級生がいて、カッコいいって思った。

48歳でバイクの教習所に入った。失敗ばかりだった。時間はかかったけど、なんとか乗れるようになった。

卒業試験のとき、教官に「今日は風が強くて怖いです」と言ったら、「バイクは風の子、風を楽しみなさい」と言われた。

あれから随分経つ。そろそろ、私も風になれたかな。

IMG_2981

広告

この記事を書いた人

大野 清美

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)