アラ還マラソン練習日記 いくつになっても筋肉はつく!と感じた20キロ走

2017年12月3日、20キロ走ったときに感じたこと—

「いくつになっても筋力はつく!」

1. 5分台で走れる距離が増えてきた!

普段の練習はランキーパーとランニング時計で計測していますが、

その日のランニングは、20キロのうち、5分台で走れたラップが

13キロありました。

私のジョギングまたはランニングは、

だいたい「ちんたら」系で、1人で走るとキロ6分30秒あたりが

身体にしみ込んでいるのですが、

あまり意識しないでも、6分前後で走ることができるようになってきた、と

実感しました。

2. なぜ突然速く走れるようになれたか?

秋に、インターバル練習をした、というのが

1番大きかったと思っています。

自分1人ではとてもできない練習です。

「マラソン完走クラブ」というランニングクラブの練習にいれていただき、

府中陸上競技場で台風がきていた日(10月22日)、

そして11月25日の2回だけですが

身体を大きく動かす「全力で走る」練習に参加したのです。

今までの人生でやったことがない(お正月に1度参加させていただいたので

人生で2度目、3度目のインターバル練習です)練習をとりいれたおかげで

「速く走る」という意識が私のうちに芽生えてきたのではないかと思います。

3. まとめ

50歳を過ぎて始めたマラソン練習。

2014年の東京マラソンに出るために練習を始めてまだ4年目ですが

途中に抗がん剤治療が入るなど、順調にきたばかりではありません。

それでもせっかく習慣化してきた「ちょっときつい運動」。

まだまだ続けて「一生自分の足で歩ける」人生を全うしたいと思っています。

しかし、それ以上にやはり練習を終えたときの達成感がたまらないです!!

広告

この記事を書いた人

大野 清美

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)