オンライン英会話で鍛えるーできることはなんでもやってみる

いちばん苦手は…

長年英語を学び、

そして留学もして、

そこそこにはできるものの、

今ひとつ「自分が思うようにしゃべれていない」と

思っているのは英会話。

この一年はなんでもやってみようと思っているので

オンライン英会話も挑戦のひとつ。

4月の新年度に始めてみました。

やっていなかったこともやってみる

オンライン英会話の老舗であるレアジョブ。

いくつかのオンライン英会話を試そうと思ったのですが、

トライアルを経て、とりあえずは数ヶ月続けようと、他を試さずに

申し込みをしました。(実は他のオンライン英会話をためすのが

面倒くさかったというのが本音ですが笑い)

最初、レアジョブについて知った時は知らないフィリピンの人と

お話をするなんて、チョー苦手、と思っていました。

でも、とにかくやってみること。

そして誰かの記事で読みましたが、だいたい100時間ぐらいで

効果を実感したとか。

1回25分のレッスンですから30分と考えて200日。

ちょっと長いので100回、とすれば3ヶ月。

3ヶ月はいい期間です。緊張が続く適当な時間です。

とりあえず3ヶ月、100回やってみようと思います。

オンライン英会話事始め

体験レッスンを受けた時は、かなり緊張しましたが、

とてもフレンドリーで、話しやすかったです。

上手に話し相手(?)をしてくれて

お話がはずみました。

レッスンはリクエストできる

レアジョブでは、私は単なる英会話ではなく、

TOEFLの課題を主体にレッスンを受けています。

需要があるようで、TOEFL Lessonができる講師がいて、

スピーキングテスト対策ができます。

25分の間に3問ぐらい回答しますが、

かなり頭を使います。

なのでレッスンを申し込んだら、結構「どよーん」(心配で)と

するのですが、やってみるとあっという間。

適切なアドバイスももらえて満足しています。

難しいTOEIC対策もできる講師の方々ですが、

普通の英会話だったらもっと楽しくできるのかも、と

思ったりします。

Skypeで実施したオンラインレッスンです。

対面で会話しながら、チャットで補足⇩

スクールもあった!

実際に受講して驚いたのが、レアジョブでは英語教授法について

かなりノウハウの蓄積があり、システマティック、そして

コンサルも充実していることです。

これなら、通学してもっと刺激を受けるとあっという間に上達しそうです。

と思っていたらレアジョブは実際のスクール(原宿)も持っていることを

初めて知りました。

【レアジョブ本気塾】

親しみがもてる講師と希望するだけ英会話練習ができて

進捗も見てもらえる、上達の実感がわかる、というのがいいですね。

いままで試していなかったオンライン英会話、通学と合わせて活用すると

かなり力がつくように思いました。

広告

この記事を書いた人

大野 清美

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)