着物とジュエリーを売りました【バイセル体験談】

結婚する時に持たされた大量の着物は、長年の懸案でした。

必要なものだけを少しもっていればいい、というきもちが最近はどんどん強まり、

何とか整理することを考えました。

でも、なかなか決心がつかなかったのが、両親の心がこもった着物でした。

出張買取を頼んでみた

着物の買取については、ウェブサイトを見たり、他の人の話を聞いていて

買取値段については期待できない、と思っていました。

なので、

メルカリで売ろうと考えていました。

しかし、朝、手放したいと思っている着物を数点眺めていると、

これを「写真に撮り」「コメントをつけて」「売れるのを待って」

「値引き交渉などに対応して」「売れたら包み、発送して」

「発送したことを通知して」「受け取ったことを確認して」

「評価をつけて」という一連の流れを着物一点ごとにすることを

(しかも売れるとも限らない)考えただけで、

クラクラしてしまいました。

「時間がもったいない!無理!」と思い、たとえ二束三文でも、

ゴミに出して燃やすよりいい、

「着物を着物として」最後まで扱ってくれるところに送り出したい、と

最近チラシが入っていたバイセルさんをオンラインで検索、メールをしてみたのです。

早速電話がかかってきました。

何を買い取ってもらったか

電話はとても丁寧で、日程調整の結果当日に来ていただけることになりました。

土日は普段とても忙しいのですが、その日は実は「片付け」のために

1日空けていた日。願ったり叶ったりのタイミングでした。

実はどうしても処分したいと思っていたものが主に喪服でした。

両親が「お嫁入りして恥をかかないように」と私を思って用意してくれました。

夏喪服、春秋もの、そして冬、と3種類、そして草履、帯揚げ、帯締め、

それに合わせた長襦袢。

しかし、喪服は「縁起」の問題と、需要がない、ということで引き取りはしないとのこと。

他の着物買取業者さんも調べましたが同じでした(たとえ新品でも、です)

ほかに引き取ってもらいたかったのは今後とも着ないと羽織、そして丸帯です。

丸帯というのは、帯の表にも裏にも刺繍がほどこしてある豪華な帯です。

しかし、今となっては、その刺繍が重すぎて「着付け」をできる人も

いないでしょう。

結局、羽織3点、帯3点を引き取って頂きました。

それだけでは1000円にしかなりません。

でも、着物は着物として使っていただけるようでした。たとえば名古屋帯などは

着物体験などの催しで使うようです。

ほかに、「ジュエリー類」はいかがですか、ということで

自分では値打ちがあるかどうかわからなかった、そして、

今後も使うことがない、もらった指輪とか、ネックレスなどを

みて頂きました。「お値段のつくものもありますよ」と

言っていただけて、いくつかのジュエリーについては

自分が本当に値打ちを知っていて大事なものを除いて

あまり使わないものを引き取って頂きました。

着物の鑑定も含めて1時間ほどで約2万円ほどになりました。

私が粗末に扱う、あるいは使わないより、次のステージで活躍してほしいです。

買い取りにはとても慎重なシステムができている

買い取りに来ていただいた方は若い女性で、買い取りに関するシステムは

かなり慎重で、「無理やり買い取るようなことがなかったか」という

点についておたがい確認の上で進めます。

買い取って頂いたものについても8日間のクーリングオフ期間があり、

「やっぱりやめる」と、気が変わったら返してもらえます。

引き取り証書もその場で印刷してくれるので、何をお渡ししたかもわかります。

お取り引きが終わってからは本社から電話で「やりとりで不快なことはなかったか」

確認の電話がかかります。

やはり現金を扱い、他人のお家に訪問するお仕事なのでトラブル防止に細心の気をつけて

いるようです。

まとめ

バイセルさんについては、最近はタレントさんを使って宣伝してしているため、

「経費をかけている」という点と、「かなり儲かっている」という点で

実はネガティブなイメージを持っていました。

しかし、あまり「モノの値打ちがわからない」私にとっては

自分が使わないものをいくばくかで引き取って頂いて、我が家のスペースが

他のことに使えるようになりました(着物と帯だけでタンスの一段が空きました)。

大手さんだけに買取のシステムが整っていて安心感がありました。

出張買取していただいてよかったです。

着物の出張買取ならバイセル

高価買取専門!アクセサリーの買取【バイセル】



広告

この記事を書いた人

大野 清美

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)