【介護日記】 母のクレジットカードを解約する

クレジットカードの年会費の請求が届いた

母は、2枚のクレジットカードを持っています。

昨年(2019年)にグループホームに入りましたので、おそらくもう使わないと

思います。

ホームに入ってすぐに解約しようとも思いましたが、

何らかの支払いが残っていてはいけないと思い、

様子見していました。

クレジットカードの退会は、本人が電話すれば早いのですが、

だいたいにおいて高齢者本人が電話するのは難しい。

代理で電話し、本人に交替、という段取りになります。

いずれにしても書類手続きになりますので、

まずはカード会社に電話で解約の旨を伝え、

  • 郵便で解約届けの書類を送ってもらいます。
  • (書類が届いたら)必要事項を記入し、カードを切って同封し、返送。

となります。親がどんなカードをもっているか、知っておくのは

大事なことですね。

年会費請求の郵便物が届いたので、この機会に一挙にやってしまおう、と

いうことになりました。

郵便物転送サービスを使う

母が実家を離れてグループホームに入って以来、

郵便物は「転送サービス」を使い、私の家に送ってもらっています。

今回の年会費の請求書も、転送されてきた郵便物で気づきました。

(転送サービスは一年間有効)

母に郵便物が届く度に発送元におしらせするのも大変なので

このサービスは大変便利でありがたいです。

また、この手続きは、インターネットでできます。

やることいっぱい、笑顔でススメ

母に関わる事務ですが、

郵便物の処理が結構大変です。

次から次へとホーム、薬局、歯医者などのかかりつけ医から

届きます。

次年度の確定申告に必要なので、分類し、保管しています。

実家にいけば実家の片付けがあり、

母の訪問があります。

老いを見守ることは、子であれば誰もが通る道。

できるだけ負担に思わず、

笑顔で歩いていこうと考えています。

広告

この記事を書いた人

大野 清美

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)