【ヒポクラティックサナトリウム】にんじんジュース断食施設滞在記4日目-2020年9月

4日目の食事

さて、読者の方は、毎日同じメニューの紹介にそろそろ飽きてきた頃かな?

4日目も同じ流れです。昨日のメニューをコピペで。

  • 朝8時:ジュース3杯、梅干し黒砂糖まぶし1個
  • 10時:お味噌汁上澄み
  • 12時:ジュース3杯、梅干し黒砂糖まぶし1個
  • 3時:生姜湯(自室にて)
  • 6時:にんじんスープ

体重は、今朝測ったら初日から2キログラム減っていました。

運動もしていますから、摂取カロリー以上の活動をしている

ということですね。

ジュース断食、やっている方は全く苦痛でもなんでもなく、また

それほど空腹感がありません。人によってはジュース3杯でも多いと

おっしゃいます。

時々、「あ、お腹すいた」と思うのですが、

そんな時は生姜湯に黒砂糖を入れて飲んでいます。

それで空腹がおさまります。

かなりガタイのいい男性も、同じ量ですごし、かつ

ゴルフなどを楽しんでいるのだから、

まあ、数日固形食を食べないでもなんとかなるものです。

むしろ、年中働いている胃腸を休めることが大切なのです。

あまり美しいものではないので本当はお見せしたくないのですが、

左の写真が到着した時、右の写真が4日目の舌です。

白くなっているのは、舌苔(ぜったい)といって、「排泄反応」なのです。

日頃、食べすぎて処理しきれず残っている老廃物が排泄される過程です。

本当はこの舌苔が消える目安の10日間ぐらい断食をするのがいいのですが

なかなかそうもいきません(2015年に初めてサナトリウムにきた時は

10日間やり遂げました)。

お目汚ししたので、ジュースとスープをどうぞ。

観光ツアーに参加した

サナトリウムでは、月・水・金曜日に観光ツアーを

企画してくださっており、

地元のガイドさんが案内をしてくれます。

参加費は二千円。当日の申込で大丈夫です。

最低催行人数2名より。

午後1時集合で、観光時間は2時間ほど。

気楽に行ける時間です。

日によっていく場所は違います。

例年、サナトリウムに来る時は一つぐらい参加しています。

今日は城ヶ崎海岸の「城ヶ崎自然研究路」(のごく一部)を散策しました。

ガイドさんは集合場所で待っていてくれており、

職員さんがそこまで車で送ってくれます。

楽々楽チンの観光です。

今日は、出発直前に雨が降っていましたが、

現地に到着すると雨はやみ、なんと海にかかる美しい虹を

見ることができました。

写真にはよく写っていませんが、なんと、一つの虹の外側に

そこ影が映るという二重虹を見ることができたのです。

大島、利島、新島もくっきり見え、お天気に恵まれた散策となりました。

(サナトリウムに戻ったらまた雨が降り始めたので

本当にラッキーでした)

朝は、昨日の迷子に懲りてしっかり地図で事前確認の上走り始め、

かなりの山道を6キロ近く、40分走りました。

ランニング後、寝る前には温泉に入り、夜はzoomのグループクラスで英語の勉強。

たくさん喋れて充実のクラスでした。

夕方には読書しながら少しお昼寝するなど、充実の1日でした。

まとめ

さて、5泊6日の断食ですが、明日からは「食事」が

始まります。

最初は重湯。夜はおかゆ。

そして明後日は正食といって、普通のご飯です。

いつも、この普通に戻るプロセスはすごく楽しいです。

広告

この記事を書いた人

大野 清美

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)