主婦をやめて一人暮らしはじめました(99)やめ主婦、64歳になりました!

やめ主婦を始めた時は58歳。還暦の区切りを前に、還暦以降に夢中になれるものを見つけたくて、その時に一番足りなかった資源である時間を獲得するために始めたやめ主婦暮らし。

あれから6年という月日が経って、未だ試行錯誤、模索の日々。いくつかの成果をあげると

  1. 目指したTOEICのコーチングでは英検準一級の合格者、TOEIC950点取得者を出しました。

2. マラソン自己ベスト更新は2021年、2022年と連続達成。

3. やめ主婦本を出版。

でも、決して満足しているわけではなく、6年も経ってこれだけしかできなかったことが残念、という気持ちでいっぱいです。

ただ、若い頃には思ってもみなかったことがいろいろ実現したりして人生は本当にわからないものだと感じています。

自分の寿命を考えるとこれから先はまさにこれまで生きてきたよりも短い年月なるのだから、より充実して1日1日を大切に過ごしていきたいものです。

勝間塾の集まりなどでは、初対面の人に声をかけていただき、「あの本で勇気が出ました」とか「実践することに決めました!」とか、「ずっと憧れていました」というお声をいただき、ああ、その一言だけで出版した甲斐があった、と思います。

照れ屋なので、かなり恐縮するやら恥ずかしいやら、ではありますが、そのようなお言葉に感謝の気持ちがとても大きいです。

これからの目標を書いておきます。

  1. TOEICコーチとしてTOEIC900点超えの人をどんどん増やすこと
  2. マラソンサブ4達成
  3. 6大マラソン大会(東京、ニューヨーク、シカゴ、ボストン、ロンドン、ベルリン)に出て、シックススターメダルをもらうこと(70歳までに)
  4. 3カ月に1冊Kindle本を出版すること
  5. 英語とマラソンを組み合わせた新しいビジネスを作り上げること
  6. 元祖やめ主婦として、自分らしく生きるライフスタイルの普及に努めること

引き続き、やめ主婦をよろしくお願いいたします。

今日は、ランニングのパーソナルコーチを受けた後、代々木公園のバラ園を散策しました。

TOEIC英語コーチ

TOEICを受験するけど、どこから手を付けたらいいかわからない、そんなあなたに伴走しながら試験の日までの勉強をサポートします。

広告

この記事を書いた人

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)