アラ還マラソン練習日記・サブ4.5を狙う② スイッチはバナナ

2017年5月17日(水)の練習

ひとつ前の記事はこちら➡️アラ還マラソン練習日記・サブ4.5を狙う①

サブ4.5という自己ベストを狙うためには走らないといけない。自己ベストは4時間38分。初マラソンのとき。

とはいえ、次の大会(秋。岡山か神戸。エントリー、抽選中)までは間があるし…

というわけで自分を練習に向かわせるにはなかなかハードルが高い。

惰性でも何でもいいので「さぼりたい心」に打ち克つ方法を見つけないといけない。「習慣」になるまで。

というわけで、とりあえず「水曜日」は走る。

そのためにランニング用品は出勤時に持っていく。持っていく限りはそのまま持ち帰る(練習しないで帰る)には悔しい状態にする。

いったん家に帰ってしまうと主婦なので家事が押し寄せるから、家に帰ってはならない。

帰途、駅に着く。近くのコンビニで「バナナ」を買う。食べながら、駒沢公園のトレーニングセンターに向かう。

バナナを食べてしまったからには

走るしかない。

ここまでもっていって、やっと走り始める。

今は、バナナがスイッチになっている。

なんだかんだいいながらも走りはじめたら何とかなる。

今日もツナギ練習の5キロ。

割に早く走れた!

 

 

広告

この記事を書いた人

大野 清美

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)