主婦をやめて一人暮らし始めました(52)焦る私

上のアイキャッチ画像は、iPadで英語の講座を受けながら朝ごはん準備をする私です。

当初の予定は2年

2017年に散らかり放題の家に見切りをつけ、

遠距離通勤と、夫との生活時間の違い(夜型と朝型)に疲れ、

「自分の時間と空間」を確保するために

2年、と区切って家族と住む都内の家を離れ、

職場近くにアパートを借りました。

2年という期限は、

「2年で自分の残りの人生でやりたいこと、より自分の能力をいかして

社会や人に貢献できる仕事を見つけ、スキルを磨き、

それにより「サラリーマン人生」からの脱脚をはかるために

設定した時間でした。

一年半で達成できたこと

ひとりの時間を確保し、

いろいろチャレンジしてきました。

その中でかなった夢もありました。

たとえば、

  • 「レディスバイク」という女性のバイク雑誌に

インタビューを掲載してもらうというのは、夢のひとつでした。

  • 実家の母に電話をかけやすくなりました。

実家の母は要介護1でまだ自分で生活できていますが、耳が遠くなってからは

引きこもり。おしゃべりが好きなのに近所に友達もいない。

私の電話だけが頼り、という状態になっています。

一人暮らし前は朝、職場から(建物の外で)電話をしていましたが、

とにかく耳が遠いためこちらは大声で話さなければならず、

ものすごく恥ずかしい思いをしていたのです。

かと言って夜電話しようとしても、通勤時間が長いため、仕事を終えて

帰宅するともう寝ている時間(7時には布団にはいります)に

なってしまっていました。

  • マラソンの練習時間が確保できました。

まだ達成できていませんが、還暦自己ベストを目指して練習していました。

お誕生日をすぎてしまったので60歳ちょうどでの自己ベストは達成できませんでしたが、

61歳での自己ベストをねらいます。

  • 自分の時間と空間、とくに自分のデスクを確保できたことがとてもよかったです。

自宅では自分だけが勉強机を持っていませんでした。

人生の目標を探し当てることができました

一人暮らしを始めて半年たった2018年の4月、年に一度定期点検している

ものくろさんの定期個人メンテナンスを受講した際、

自分の力を英語教育に捧げたいという目標ができました。

ワードプレスによるブログの立ち上げ・メンテナンス、そして内容のブラッシュアップまで ものくろさんの個人レッスンに大満足!

それから「どうやったら素晴らしい英語コーチになれるだろう」と

自分で英語の勉強をしたり、(株)アルクのヒアリングマラソンに参加して

英語のブラッシュアップをしたり、

さらにTOEIC、TOEFLを受験して自らが勉強しながら何をすれば効果的なのか、を

身をもって体験したり…試行錯誤の日々がつづいています。

そして、実は…思うようには自分の成績(点数)も伸びていません。

悔しい思いばかりが湧いてきます。

焦っている理由

期限となる2019年の6月末はもう目前に迫っていますが、

まだ、英語を教える自分ならではの方法論が

身についていません。一年という期間では、準備できませんでした。

また、今年の3月に一旦「定年」ということで、現在は職制が変わって

「嘱託」という身分になりましたが、相変わらずフルタイムで

仕事をしています。

とてもいますぐこの、快適な一人暮らしを放棄して

英語講師になる準備はできていません。

来年のオリンピックにはボランティアをしたいと準備もしていて

マラソンの自己ベストもまだ出していない。

いつまでもグズグズしている余裕はない、とはわかっていますが、

まだ時期ではない、ということだけはわかっています。

進みたいのに進めない、これが焦りの原因です。

まとめ

この一年は、徹底的に真似ぶ(すぐれた英語スクールや英語講師のマネをする)ことを

目標にしています。

幸い自宅近くに夫と共同で小さなお部屋を借り、

少人数で教えられるような空間をつくる準備もできています。

アットホームで生徒に挫折させないスクールを作りたい、

対象は最初はTOEIC対策だけにしようかと思っていたけれど、

将来、英語難民にならないよう、中学生や高校生にも教えたい、そんなことを

夢見ながらいましばらく「一人暮らしの修行」は続くのです。

 

広告

この記事を書いた人

大野 清美

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)