ヴォイスナビゲーション(ヴォイス・スキャン)とは?体験を語る

スポンサードリンク

ヴォイスナビゲーション(ヴォイス・スキャン)とは?体験を語る

ヴォイス・ナビゲーションという面白い診断方法があります。

「声」によってその人の性格、心の声などがわかるようです。

その内容と、私の診断について語ってみます。

1. ヴォイスナビゲーション(ヴォイス・スキャン)を受けるきっかけ

2015年6月、「女性のためのネットスキルアップ塾 彩塾」に入塾し、知り合ったのがYuccoさん。

放射線科医として忙しくしながらも自己研鑽を怠らない努力家の彼女ですが、

塾にはいってますますスキルアップ。色々なことができるうちのひとつが

今回私が受けた「ヴォイスナビゲーション(ヴォイス・スキャン)」。

自分がどんな特徴をもっているのか、そして実は潜在的にどんなことを望んでいるのか…

自分の「本当の気持ち?」を知りたくてYuccoさん(岡山在住)にSkypeでご依頼しました。

初めての声による「私」の分析。ワクワク、どんな自分が顕在化するのか、楽しみです。

2.  ヴォイスナビゲーション(ヴォイススキャン)とは?

仕組みを知りたくてインターネットで調べると「ヴォイススキャン」というほうがネット検索はしやすいみたい。

今の状態を声の周波数分布から判断して色の強弱で視覚化する、『ヴォイス・スキャン』というソフトがあります。

特許から作られたプログラムで、声を意識の3つの階層に分けて、その階層毎に12色の波状のデータで示します。

声を分析することで、その人の

◇顕在意識: 頭でいろいろ考える意識

◇前意識: 習慣やクセ

◇潜在意識: こころの奥底や本質

がわかるというものです。

こころを可視化した世界初のソフトだそうです。

例えば、私が「おおのきよみ」という自分の名前を6秒間続けて何度も(10回ぐらいかな)マイクに向かって(Skypeに向かって)声に出します。

Yuccoさんは、Skypeごしに私の声を「ヴォイス・スキャン」というソフトを使って「視覚化」し、分析する、という仕組みです。

画面に現れた声の色や色の出かたなどを分析し、解釈する、それがナビゲーターの仕事です。

3.  私の分析

左側は、私が「バイク」という言葉を繰り返し口にしたときの波形。

右側は自分の名前を繰り返しました。

sIMG_6531

右側の自分の「なまえ」についての解読(解釈)ですが、名前は自分の定義であって、

名前を言う事で自分の考えや感情、資質等が出て来ます。

マゼンタがたくさん出ています。このような声の人は「人に対する奉仕」の心が高いそうです。

次に紫色もたくさん出ています。このような人は美意識が高く、また、繊細。

高い目標に向かうための努力を怠りません。

また、ネイビーが出ているのは、「仕組みを知りたい」という欲求が高いそうです。

「バイク」という言葉を繰り返して言ったときの波形は、

イエローが強くなっています。「目立ちたい」という気持ちの反映です。

ゴールドは「自信、気品」の表れ。

さらにターコイズ(青)が内心円のほうに出ています。これは「自分のペースが大事」と思っていることが現れているそうです。

また、エメラルド(緑)は「人の話を聞くことが好き」

全体に「楽しいこと」「遊び」大好き、というのが「バイク」という言葉を発した時の私の気持ち、内面です。

「好きなことは?」と聞かれて、「バイク」ということで声紋分析。自分でもこの言葉が一番に出てくるなんて、予想外でした。(あれ、もしかして想定内?)

4. まとめ

このヴォイス・スキャンは、性格診断や職場でのやカウンセリングなど、様々な場面で使用されているようです。

こんな映像もありました。ボイスナビゲーションはセラピーにも活用されているようですね。

こうやって自分の声が伝える「自分の特性」を知ることは、自分の心の中の声に耳を傾ける(視覚化)ということなのだ、という気づきを得ました。

しかし、表出された色を見るだけでは、何の役にも立ちません。「解釈」「分析」がとても大事なのです。

そういう意味で、今回、NLPを始め、様々な分野の勉強を積んでこられているYuccoさんに見てもらい、うまく誘導していただいたことはとても大事なポイントでした。

声に出ていたように、私は「人に奉仕する」気持ちが強い人。その個性を活かして人の役にたっていきたいと思います。

自分の声が「潜在的に何を伝えたいのか?」を知り、自分の天命を知ることはこれからの人生にとても重要なことだと感じました。

Yuccoさんのナビゲーションを受けたい方はこちらから

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK