ESAC(R)英語学習アドバイザー/ワークショップ2日目

ESAC認定英語学習アドバイザー

ワークショップ2日目(2018/8/26)のまとめを行います。

1日目のまとめはこちら

1. 2日目の流れ

2日目のながれをまとめておきます。

  • 課題振り返り
  • 実践練習とピアフィードバック
  • 英語資格試験の関連情報(TOEIC)
  • 現役アドバイザーのトークセッション
  • モニターセッション(2人)
  • モニターセッションの分析とディスカッション
  • まとめ

最後まで頑張りましょう!

2. 課題振り返りとさらなるワークショップ

1日目に宿題が出ています。

一日目に受講者全員(8名)でやったワークショップを

今度は1人でやってみます。

ある理系学生の事例を

精神面、学習面、環境面

に分析し、

ワークシートに埋めます。

こうした情報収集で、さらに大事なことは、

  • 質問を入れる(縦掘り、横堀り)
  • メモをとる

どんなことで悩んでいるかをしっかり汲み取ることです。

次にそれぞれの受講生が宿題として考えてきた

事例をもとにさらに相談事例の受け答えの練習をします。

どんどん実践的になってきました。

こうした実践例をこなし、

  • 共感する態度
  • 気持ちを深堀りする
  • 一緒に考える。

ということを考えていくのです。

3. TOEICアドバイザーの方の話を聞く

さて、次の話題はTOEICアドバイザーの方のお話です。

今、なぜTOEICか?という話から入っていきます。

TOEIC is simply a driver’s license that will help you achieve that final goal by Robert Hilke (God of TOEIC)

つまり、TOEICは運転免許のようなものだ、とロバート・ヒルキ先生は言います。

(ヒルキ先生はTOEIC教育の第一人者です)。

TOEICは、入学、進級、卒業、就活、

会社の昇格試験、海外留学・海外派遣の基準として、

実用的で仕事に役立つ英語の運用力を試すテストと

なりました。

内容は、「朝起きて寝るまでの生活に役立つ」ことが基本で、

試験内容はそのようになっています。

ちなみに英語公用語を薦める企業の場合のスコアの目安は

  • 某自動車メーカー:管理職試験合格条件550点
  • 某鉄鋼関連メーカー海外派遣要員600点
  • 某インターネット物流大手800点

となっており、昇進も昇級もTOEIC試験にかかってくる時代となりました。

ところで、この試験の公開テストは平均580点。

当てずっぽうで受検するとだいたい220点(monkey scoreといいます)

スコアの目安は以下のようで、

470-730点:限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる

730-860点:どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地がある。

と判断されます。

こんな目安も1度試験を受けると得点のシートと一緒に送られてくる用紙に

書かれているのでしっかり読んでくださいね。

なお、TOEICを受検する場合は、TOIEC用の単語本を使うことが効率的です。

幅広く「時事問題」単語本を利用する必要はありません。

TOEICで使われる単語は「限られているのです!

そして、TOEICで大事なことは一にも二にもTIME Management(試験時間配分)です。

  • Part 5:12分
  • Part 6 :8分
  • Part 7 :55分

この黄金配分をなんとか死守して(たとえば、Part6を抜かして

Part7を先にやってもいいのです)、得点をあげましょうね。

さあ、みなさん、試験は大変、だけどTOEICを使ってやりたいことをやる、

こんな気持ちでチャレンジしてみませんか?

4. 現役英語学習アドバイザーによるトークセッション

ここでは2人の現役英語学習アドバイザーのお話を聞きました。

アドバイザーになったきっかけや

アドバイザーとしての苦労、失敗談

など。

そして、アドバイザーとして

気をつけていることは

  • 黙って聞く
  • 聞きすぎない
  • 「それでどうしたいんですか?」話を促す
  • 沈黙を大事にする

のようなことだそうです。

そして、大事なことは、

「相手が直近で必要としているものを実現してあげる」ということでした。

また、アドバイザーという職の今後の展望については

「英語学習アドバイザーは求められる=

スキル、経験をもった人が教えることが求められる」というお話でした。

そして、そのために

アドバイザーも切磋琢磨しながら、人間としても魅力を磨くことが大事であると

おっしゃっていました。

やはり現役のアドバイザーの方々のお話は説得力がありますね。

5. モニターセッション

最後のパートは、「モニターセッション」です。

8名の参加者の中から2人を互選で決めてモニターカウンセリング

を実施するもので、

相談者は、一般の方2名。

本当のご相談を人前でやる、という

かなり大胆な、まさに実践的なワークショップになりました。

他の参加者はモニターとしてあとでコメントが

求められます。

提案には

  • why
  • what
  • how

がはいっているようにします。

本当の相談者とあって、代表になられた

お二人はかなり緊張したかとは思いますが、

なかなか堂々たるアドバイスぶりで、素晴らしかったです。

私も現在お一人クライアントさんをもっていますが、

さらに研鑽していいアドバイスをしていきたいと

感じました。

6. まとめ

かなり内容のつまった役に立つ2日間の

ワークショップでした。

いやー疲れました。でも充実していました。

今回、この資格の4段階のうち

ワークショップまでの課題で私は

すでに

「ジュニア資格」を取得しています。

次に課題をこなすと、次は

「アソシエイト」となります。

そしてさらに課題をこなしていくと

「プロフェッショナル」となるわけですが、

英会話の試験もあり、なかなか大変です。

でも、「TOEICで人生を変える」人を「量産」するため、

頑張って進めていきたいと思います。

広告

この記事を書いた人

大野 清美

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)