便秘解消生活ー私の体験ー乳がんになってにんじんリンゴジュースを始めたら…

あくまで個人の体験ですが…

毎日、本当に快腸で快適な生活です。

昔、母(当時80歳すぎ)が「でえへんねん」(出ない)と電話してきたことがあります。

娘に電話してきて訴えるほどつらい便秘。

私もかつてそうでした。

薬をのんでも、

浣腸をしても、

お腹マッサージをしても、

運動をしても

繊維質のものを食べても

とにかく出ませんでした。

便秘のない生活は幸福感が高い!

私は、朝、起きると紅茶(ホット)に生姜のすりおろしと

スプーン1杯の蜂蜜を入れて飲みます。

そして友達とオンライン瞑想。

しばらくすると、トイレにいきます。

自然と、なんの苦労もなく、出ます。

本当にスッキリします。

朝、こうやってスッキリすると、そうでない時に比べ

ものすごく幸福感が高まります。

母にはこれがなかったため、私に電話してきてまで

「でえへん」と苦しみを訴えていたのです。

朝、トイレにいったあと、日課となっているランニングあるいは

職場に出かけます。

トイレ時間もほとんどいきむ必要がなく、

「するっと」出るのでごくごく短いのです!

昼、夜ご飯は普通に食べます。ただ、

腹八部目です。

なんだ、こんなことか、と言われるかもしれません。

そう、朝、ほとんど水分と少しの糖しかとっていないので

驚かれるかもしれません。

この「糖分」は、その後に続くランニングのための脂肪燃焼の着火剤です。

あるいは、頭を使うための多少の糖分補給。

 

ここで、大事なのは、「朝、固形物をほとんど食べない」ということです。

つまり、意識的に水分のみを取ることで胃腸を休める時間を長くしているのです。

朝ごはんを人参リンゴジュースに変えた乳がん宣告

2014年7月に乳がんを宣告されました。

その時に、がんについていろいろな本を読みました。

結局、放射線治療、抗がん剤という現代医学の治療を選択しましたが、

それに併せて石原結實先生の著書を読み、

人参リンゴジュースによる断食(朝だけ)を始めました。

 

その生活を始める前の朝ごはんは「便秘にならないように」(朝ごはんで

胃腸を刺激する)と願って、コーヒーとトーストにしていました。

朝、何も食べないのは「体に悪い」と小さい頃から教え込まれていたからです。

でも、朝ごはんを食べても、私の場合、便意には繋がりませんでした。

「朝ごはんを食べたらでるはず」と、便意も感じないのに

トイレにいき、いきんで痔になったくらいです。

乳がん治療が始まった2014年9月ごろから、

朝ごはんを人参リンゴジュースに替えてしばらくすると

朝、日課のランニングをしているときから(当時、当選していた東京マラソンに

出るつもりで、乳がん治療中も練習を続けていました)、

とにかく「行きたくてたまらなく」なったのです。

外でのトイレが苦手で神経質なので「自宅トイレ」以外では

絶対したくないタイプだったのに

公園のトイレに駆け込む始末でした。(下痢ではありません)。

驚きでした。

今、考えると私の胃腸、特に腸は、

朝、昼、晩ごはんと間食、四六時中食べ物を消化することに

「疲れ切って」いたのです。

腸内細菌も、長い間少ないままだったのでしょう。

いつも便は少なく、硬かったです。

今は、きちんと「腸内細菌」が頑張っているようで

便は素晴らしい形状です。

これは、ひとえに「胃腸を休ませ」「人参リンゴジュース」で

ビタミン・ミネラル・ファイトケミカル・酵素を補った結果だと

考えています。

ちょっと古い本ですが、本当にいい本です。

 

断食は、さまざまな書籍で「身体にいい」と指摘されている

朝ごはんを食べない、かわりに人参リンゴジュースにする、という生活は

「お腹が空いてつらそう」と思われるかもしれませんが、

実際多くの本で断食の効果が語られ、また実践している人も多いため、

「不可能」ではありません。

また、私が実践しているのは「ジュース断食」ですので

実はしっかり栄養はとっているのです。

実際、私は一年に一度、1週間ほどジュースだけですごす(水分は

ほうじ茶や生姜茶などでも補給します)ジュース断食を実践していますが、

私自身は普段から運動していることもあり、「痩せる」効果は

ありませんが、断食の間中、元気に過ごせます。

とにかく、

いままで

薬でもダメだった人

運動でもダメだった人

浣腸でもダメだった人

毎日どんよりしていた人

一度、胃腸を休めてあげませんか?

私は、自宅で人参リンゴジュースを作るときは、

低速ジューサーの老舗、

ヒューロムのジューサーを使っています。

人参やリンゴも、ジューサーを扱う「ピカイチ野菜くん」から購入。便利です!

スロージューサーなら【ピカイチ野菜くん】



↑ 私がもっているのと同じタイプです。

断食の効果については

以下、さまざまな本に書かれていますのでご参考に!

断食は、科学者たちがこぞって自ら実践しています!

広告

この記事を書いた人

大野 清美

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)