ガーミンForeAthlete 245があれば他のものはいらない!

ガーミンの進化におどろく!

今回手に入れたのがガーミンfor Athlete 245

これが、感動するぐらい優れもの!

時計盤面の右上のキーを一回押すとほんの数秒で捕捉ができ、

ランニングをスタートできます。

そして、ランが終わったら止めて、保存。

その情報は、ほぼすぐに自分のスマートフォンに転送されます。

いまさら、と思われるかもしれませんが…

いや、これは便利です!!

睡眠ログも取ってくれるし、心拍もストレスレベルも測ってくれる!

なので他のスマートウォッチもいらなくなった!

しかもスマートウォッチより長時間電池が持ちます。

いや、感動しました。for Athlete245はコスパ抜群の

ランニングウォッチ 兼 スマートウォッチです!

以前のガーミンやスマートウォッチとの違い

多くのランナーにとってランニングウォッチをつけるのは

当たり前のこと、かもしれませんが、

実は、これまでマラソンを15回も走っていて、ランニングウォッチは

つけていませんでした。

というのは、これまで持っていたランニングウォッチはとにかく

GPSの捕捉が遅く、スタートに間に合わないことが

しばしばあったからです。なので、練習の時にはいつも

スマホのランニングアプリでペースを測っていました。

また、

前のガーミン(2011年購入)は、しっかりスタートキーを押さないと、

ハッと気づいた時にはスタートしていないこともたびたびあり、

せっかく走っても「記録なし」ということがしょっちゅうあったのです。

 

なので、ランニングログをとるときはスマホのアプリでおこなっていました。

しかし、問題は、スマホが年々大きく重くなり、

レースに持参するのは大変になってきたことです。

遊びで走るレースなら、途中写真をとりながら、ということで

スマホをもって走るのは平気なのですが、

真剣なレースでは少しでも身につけるものを減らすべきです。

腕時計を身につけるのが嫌いな私ですが、

今回のガーミンのソフトベルトは、着けていてあまり違和感がないため、

すぐにはずしたい、という気になりません。

以前もっていたガーミンも、また、スマートウォッチもベルトの感触

(どちらもハードベルトだった)が気に入らず、

お風呂の時に外してそのまま寝てしまう、ということがよくあり、

睡眠ログのために買ったのにちゃんと使えていませんでした。

なので、ソフトベルトのガーミンはランだけでなく睡眠ログを

とるのにも役立っています。これは嬉しい!

For Athleteでこれだけのことがわかる!

以下の項目がわかります。

ステップ数:これは、万歩計の代わり。スマホで代用していたけれど、

家の中ではスマホは持ち歩かない。時計だと家庭内歩数も足してくれるから便利ですね。

睡眠:これは、大事だと思いました。スマートウォッチで計測していましたが、

上にも書いた通り、お風呂ではずしてそのまま脱衣場に置いて寝てしまうことがしばしば。

多分ベルトが嫌だったのだと思います。

ガーミンに替えてからは、お風呂上がりにもしっかり装着し、睡眠ログをとっています。

ストレス:ガーミンのストレス計測は、心拍変動によって測っているみたいです。

私の場合、あまり高レベルになることはないので、

まあまあ低ストレスレベルで生活できているのでは、と思っています。

心拍数:安静時心拍数は、平均60-80 回/分(bpm)とされており、運動不足の人で100bpmを超すことがあり、トップアスリートでは30bpmまで下がる人もいます」(公式ページより)

ということで、私の心拍数は、安静時45bpmと出ていますので、トップアスリートとはいかないまでも

低め安定しているようです。

消費カロリー:安静時と運動消費で別々に表示してくれますので、

運動でどれぐらい、とかわかりやすくていいですね。

ボディバッテリー:「Body Battery(ボディバッテリー)は、Garmin独自の機能です。心拍変動、ストレスレベル、睡眠、そして毎日の活動レベルなどを分析し、身体的エネルギーの残量を測定します。数値は5-100 で表示され、そのスコアが大きいほど、その日の活動や運動に費やすことのできるエネルギーが十分にあることを意味します。」(ガーミンHPより)

とあります。1日に使える自分のエネルギー、しっかり睡眠をとって貯めて、

1日を有意義に使う、そういう意識ができるのもいいです。

 

 

下の写真(スマホアプリに反映された私の1日の活動が示されています)では、

どうやらバッテリー切れで1日を終えています。

とにかく、自分の体の状態を数値化し、1日1日を充実してすごす指標にする、

そういう工夫がいろいろできることがわかりました。

単なるランニングウォッチではなかった!

ガーミンForAthleteは、運動をしない人にとってもおススメです!

TOEIC英語コーチ

TOEICを受験するけど、どこから手を付けたらいいかわからない、そんなあなたに伴走しながら試験の日までの勉強をサポートします。

広告

この記事を書いた人

大野 清美

1958年大阪生まれ、大阪育ち。子どもの頃の夢だった「留学したい」を37歳で実現。3児を育てながら米国NY州コロンビア大学国際関係学大学院を卒業しました。帰国後は英語を使って仕事を続け、今後は「自分の人生を変えてきた」英語を教えたい!と修行中です。
趣味はマラソンとモーターバイクでのツーリング(愛車Honda VTR)です。
(2019年4月記)