【さらに半年後】【50代歯列矯正体験】リテーナーを真面目につけていなかったら…の続き

スポンサードリンク

【さらに半年後】【50代歯列矯正体験】リテーナーを真面目につけていなかったら…の続き

高齢者の歯列矯正体験、のお話はなかなか

根強い?秘かな人気がありまして…これまでに数人の方から

直接、私のサイトにお問い合わせをいただいています。

医療関係の記事は個々人により、それぞれ事情が違うので気を遣いますが、

私の体験だけでもどなたかの参考になるかと思い、

かなり恥ずかしい映像を晒しています(笑)

前回の記事

【50代歯列矯正体験】リテーナーを真面目につけていなかったら…の続き

1. ほぼ半年後の歯の姿

2017年 1月から矯正器具をつけ、1年かけてキレイに並べ、

リテーナーになって半年、さぼったせいで再び歯列が乱れ、

それからほぼ半年でここまでになりました。

次回の検診(2019年1月)では多分、矯正器具ははずし、

またリテーナー生活になると思います。

つぎは失敗しないように、かなり真面目につけたいです。

2. 過去の姿

これが矯正器具をつけ始めたときの歯並び(2017年1月)。

いまはタイトルの50代から、実は60代になっているのですが

(ついに大台に載ってしまった!笑)

まあ、高齢者?でもこれぐらいにはなるかな、と嬉しく思います。

下の歯なので、実は本人以外だーれも気にしないといえば

気にしないような部分ですが、

歯磨きもしやすくなりましたし(電動歯ブラシを使っています)、

しっかりフロスもするようになりました。

冬にはいつも悩まされていた口内炎にもかかりにくくなりました。

口内炎については、個人的には「矯正器具をつけることで

歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスなどで

以前より、丁寧な手入れをし、口内の清潔度が改善された」おかげだと

考えています。

3. リテーナーをさぼったときの歯並び

これが、リテーナーをさぼったあとにちょっとガタガタしてきていて

再び矯正器具をつけてもらったときの画像。

いやー、苦労したのに実に残念な結果でした。

こうやって比べると、やはり並び方が違いますねー。

やり直し、となっちゃいましたがやってもらってよかったです。

4. まとめ

とにかく、時間もお金もかけて治した歯並び、そして口内環境。

今後もお手入れは必須、そして

リテーナーも。

人生100年時代となって、歯も長持ちさせないといけなくなりました。

夫もとてもキレイな歯、歯並びをしていたのに

お手入れ不足からか、逆に我慢強いのが災いしたのか

(なかなか歯医者さんにいかない)、

少しずつ入れ歯が入ってきています。とても残念です。

人生を楽しむためには「美味しいものを美味しく食べたい」、

それには、「歯が大事」と私は思っているので

歯医者さんの力を借りて、歯、そして口内環境を

さらに良くしていきたいと考えています。

次にこのテーマで書く時は「矯正器具をはずし、

リテーナー」になったとき、です。

スポンサードリンク

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By まきこ

    はじめまして。
    清美さんの歯に関するブログをよく読んでます。
    私は若干清美さんより年下なのですがこの5年くらいで歯の状態が信じられないくらい悪くなり、一本抜歯➡︎インプラント、時同じくして、今までなかった歯周病発生で、どうしたらいいのか途方にくれています。
    しかも、主人がアメリカ駐在で英語がままならない私は不安でいっぱいです。
    今はメンタルの薬を飲みながらなんとかやっていますが、深い歯周ポケットが、歯医者でクリーニングしてもらった2ケ月後にできたり恐ろしいです。
    清美さんはアメリカで子育てして、勉強もして凄いです。
    歯の不安に襲われるようなことはありませんでしたか?

    • By 大野 清美

      まきこさん、コメントありがとうございます。

      歯の不安、すごくすごくわかります。
      私にとって、歯の問題はとっても大きく、20代からずっとずっと不安がありました!

      若い頃は、母の嫁姑問題に巻き込まれ(長男の嫁)、ワンオペ育児の不安や不満もあり、まさに毎日がストレス満載状態でした。
      そして、一気に歯が悪くなったのです。激痛とともに、あっという間に前歯の一本がグラグラ。あちらの歯医者、こちらの歯医者と歯医者さんを
      渡り歩きました。

      とにかく歯は抜きたくなかったので歯周病専門の歯医者さんに行き、徹底的な歯ブラシでなんとか「まし」にはなりました。
      ところが、歯周病の治療の途中で渡米。アメリカで歯医者さんに通うことは怖くてできず、ひたすら歯ブラシでしのぐ、という感じでした。

      ともあれ、「20代でぐらぐらになった1本」はなんとかその後数十年もたせ、つい先日、役目を終えて?60歳でさようならとなりました。
      ほとんど根ものこっておらず、歯の治療の途中で自然にぬけた感じでした。
      ただ、インプラントするには支える部分がダメみたいで、ブリッジみたいのであまり見栄えが悪くないものにしてもらっています。

      残る27本の歯を大切にしようと、いまも歯医者さん(矯正と一般歯科)に通っていますが、どちらのお医者さんにいくのも正直怖いです。

      話が長くなりました。上に書いたように不安はあるのですが、なんとか自分でできることをやっています。
      たとえば、電動歯ブラシ(やはり普通の歯ブラシよりも効率がいいと歯医者さんに勧められました)、デンタルフロス、歯間ブラシで歯の清潔をこころがけています。
      そして何よりストレスを溜めないようにしています。

      持論で恐縮ですが、ストレスが多いと、歯(というより歯茎)にも悪影響、と自分の経験から考えています。

      なので、まきこさん、不安、心配は尽きないとは思いますが、
      少しでも心を休めてリラックスされますように。
      まず、いまの暮らしのなかで楽しいことを見つけられますように、と願っています。

      きよみ

  2. By まきこ

    きよみさん、ありがとうございます!!

    私は歯のことで不安になった時、このブログに来て、きよみさんの頑張りを何回も何回も振り返って、私も頑張れる!と自分で自分を鼓舞しています。
    お返事頂けて本当に嬉く、パワーをいただきました。
    ありがとうございました!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK